名画「死と乙女」に秘められた真実 20世紀、彗星のごとく現れた天才画家は、スキャンダラスな逸話と挑発的な絵画を残し続けたそんな“芸術”を追求し続けた男が、本当に描きたかった絵画とは?異端児エゴン・シーレと、彼をめぐる女たちの愛の物語が、今明かされる―ウィーン美術史を代表する、美とエロスの天才画家エゴン・シーレの生涯を描いた、感動作!