ベルリンでカフェを営む青年トーマスは、腕のいいケーキ職人。ある日、馴染の客オーレンの息子の誕生日プレゼントを相談した事をきっかけに、二人の仲は急接近、1年後にはアパートで共に暮らす恋人関係になっていた。だが二人が愛し合う時間は限られ、いつものようにオーレンは妻が暮らすエルサレムに帰ってしまう。ところが、今回は1ヶ月で戻るはずだったオーレンから連絡さえ来ない。不安に駆られ彼の会社を訪ねたトーマスは信じられない事実を知ってしまう。彼はエルサレムで事故に遭い、既に亡くなっていたのだ。消沈するトーマスは、彼の足跡をたどり、エルサレムを訪れる。そこで彼の妻アナトが営むカフェに何度か通う内に、店員として雇い入れられる事に。やがてトーマスの作るケーキが評判を呼ぶと共に、トーマスとアナトの距離も近づいていくのだが…。 彼が愛したケーキ職人